「自家消費型発電所をふやそう ~市民発電所台帳2021~」を10月に発行!

 10月30日、低圧発電所の稀少なデータ集である「市民発電所台帳」の2021年版を「自家消費型発電所をふやそう ~市民発電所台帳2021~」(A4サイズ、48ページ、オールカラー)のタイトルで発行しました。当NPOとして6回目の「台帳」である2021年版は、ポストFIT時代に再エネを普及させる最有力事業モデルの「自家消費型」発電所を特集。写真やグラフを多用し、現場感覚や当事者意識にあふれる内容は、必ずや市民電力に初挑戦する団体の背中を押してくれることでしょう。

 

 目次からのピックアップは「序章 ポスト FIT 時代に再生可能エネルギーを普及させるには」「第一章 FIT後を模索する市民発電所」「第二章 自家消費型発電所の作り方プログラム」「第三章【太陽光編】市民発電所全数調査から見えてくること」「第四章【小水力編】全国調査から日本の小水力発電を考察」「第五章【地熱編】地熱発電の現状と課題について」「第三部:次代を占う発電所事例集」と盛りだくさん。全量売電や太陽光ではない再エネ発電所についても調査し、バックナンバーとの継続性に配慮しました。

 

 御希望の方は、当サイト「お問合せ」欄からお名前・住所・冊数を申し出てくだされば郵送(1冊200円、送料手数料をいただきます)しますので、こちらをクリックしてお問合せください。なお、11月には無償のPDF版を、下記の「ポータルサイト」で公開予定です。

「台帳」の感想を、下記URLのアンケートフォームからお寄せください

市民発電所台帳の「ポータルサイト」は、こちらをご覧ください

新設した市民太陽光発電所のデータは、こちらのフォームからご提供ください